車査定業者との売買について

中古車売買には、車査定買取業者を利用し売買する場合、個人にて売買する場合と2通り考えられるので、それぞれの状況を述べていこう。 どちらの場合もより高く売りたいのが心境だ。

まず車査定買取業者を利用し売る場合、最近ではインターネットの普及によりカーセンサーやグーネット、ガリバーなど車査定買取業者を利用して価格の査定など瞬時に見積もりができる。人気車種はある程度の高値は想定できるが、希少車や年代物、走行距離が長いもの、事故車は、なかなか納得できる見積もりを得られることは稀である。

また、車査定買取業者では中間マージンが発生するので、下取り価格(売却価格)が下がることは否めない。ただし、売り先が第3者(会社)であるため、煩わしい手続きなど行わなくて良いメリットがある。

次に、個人で売却する場合は家族、友人知人の身の回りの関係者やネットオークションなどを通して、売却する方法だ。家族、友人知人の身の回りの関係者には車種の年代、希少車、走行距離などによりある程度自分の意見を反映させた売却価格を設定し売却が可能だろう。ネットオークションの場合は相場価格よりも下回る価格で設定すれば売却しやすくなるが、あまり下げすぎると損をしかねない。あらかじめ、車買取業者のネット見積もりを利用して、相場価格を把握してから設定するのが懸命だ。

次に買う場合、安く買える確率が高いのは個人売買であることが想定できる。家族や友人知人からの購入であれば、ある程度車を実際に自分の目で確認し、事故車ではないかなど事前確認ができ、安心して購入ができる。しかしながら、ネットオークションなどでの購入の場合は、お互い顔を合わせず、車の情報は画像やメールのみの場合も考えられ、不安材料があることも想定しなければならない。

車査定買取業者を利用する場合は、まず第1に選べる車種数が豊富にある点は、最大のメリットだろう。自分が欲しい車種が何千台、何万台のなかから選べ、購入後の保証など安心材料がある点が想定できる。 自分のおかれた状況に応じて、どうゆう手段で売買するのがメリットか選びたい。